エピラットで脱色してからムダ毛処理が最強? 目次

 

みなさんこんにちは!

 

 

ムダ毛の処理は、多くの女性が取り組んでいることである反面、悩みも多いのではないでしょうか?

 

 

その方法も様々で、自己処理の他に、脱毛サロンや家庭用脱毛器などを良く耳にします。

 

 

そんな中、私の友人に「エピラット」という脱色クリームを使用してからムダ毛の処理を行っている、という話を聞きました!

 

エピラット脱色クリームを使用してからムダ毛処理が最強?

 

どうやら脱色してからのムダ毛処理が良いという声も、最近ではでてきているようなのです。

 

 

友人の話を聞き、私自身もその効果や方法など、エピラットに関しても気になったので調べてみることにしました!!

 

目次

 

・ムダ毛の脱色って?その効果は?
・ムダ毛の脱色クリームの効果が続く期間
・ムダ毛の間違った脱色方法
・ムダ毛の正しい脱色方法とは?
・どこの部分でも脱色可能なの?
・ムダ毛の脱色によるデメリットは?
・エピラットとは?どんな人に向いている?
・エピラットの口コミ
・エピラットの使い方は?
・まとめ

 

ムダ毛の脱色クリームって?その効果は?

 

まず、ムダ毛の脱色とはどのようなことかというところからお話しましょう!

 

 

ムダ毛の脱色というのは、黒いムダ毛の色自体を薄くして目立たなくする方法を言います。

 

 

「脱色」とあるように、色が薄くなるとはいえムダ毛が無くなるわけではないのが注意する点です。

 

近くで見られてしまうとムダ毛が生えていることに気付かれてしまったり、肌に触れられた時に毛の感覚に気付かれてしまったりということは考えられます。

 

 

脱色をするとどのような効果が得られるかというと、正しい方法で行うことができれば、遠目から見たときにほとんどわからない状態になります。

 

 

普段は黒いムダ毛が、脱色することで金髪のような状態になるので、より肌に近い色になり、ムダ毛が無くなったように見えるのです。

 

ただ、肌の黒い人は逆に目立ってしまったり、ムダ毛が濃い人は1回で納得のいくような脱色ができなかったりと、どの程度色を抜くのか、どの程度の脱色が必要なのかという点も重要ですね。

 

 

以上がムダ毛の脱色とその効果でした!

 

 

ムダ毛の脱色の効果が続く期間

 

では、ムダ毛を脱色するとその効果はどのくらい持続するのでしょうか?

 

ムダ毛の濃さや脱色クリームの反応など個人差はありますが、1週間程度ではないかと考えられます。

 

 

 

脱色された毛が抜け落ち、新しいムダ毛が生えてくるので、定期的な脱色は必要となるでしょう。

 

 

 

ムダ毛の間違った脱色方法

 

実は、ムダ毛の脱色をするときに、専用のものではなく別のもので代用しようとする人もいるのです!

 

これには私も驚いたのですが・・・。

 

・コーラ
・オキシドール
・エタノール
・酢
・ビール

 

 

例えばオキシドールに関して言うと、過酸化水素を3%含んだ水溶液で、メラニン色素を酸化させて粒子を小さく分解することで色素を抜く作用があるのは確かです。

 

毛が細い部分であれば効果がでたという声があるのも事実です。

 

 

しかし、過酸化水素自体には強い腐食性があり肌がかぶれる、肌が荒れるなどの症状を起こす可能性も高いです。

 

 

効果の割には肌へのリスクが非常に高いので、オススメはできません!

 

 

もちろん他の代用品に関しても、脱色するためのものではないので正しい使い方ではないし、思わぬ肌トラブルも引き起こしかねませんのでオススメしません!!

 

 

 

 

ムダ毛の正しい脱色方法とは?

 

ムダ毛の脱色を行う時、やはり正しい方法を知っておかなければ効果を感じることはできません!

 

これから正しいムダ毛の脱色方法をお話していきます。

 

事前準備

 

まずは、必ず行ってほしい事前準備です!

 

脱色剤を使用する前にパッチテストをする

 

自分の肌に合っているか確認をしましょう。

 

肌荒れを起こす原因ともなってしまうからです。

 

 

 

脱色剤を塗る箇所はボディーソープなどで一度きれいな状態にする

 

脱色剤は油分や汚れがあると上手く密着しません。

 

そうすると綺麗に脱色できない可能性があります。

 

 

事前にボディーソープを使って一度洗い、油分や汚れはしっかりと落としておきましょう!

 

 

 

脱色剤を良く混ぜる

 

多くの商品が2つの液体を混ぜて使用します。

 

このように混ぜ合わせて使用するものは、直前に混ぜることでより脱色効果を発揮できるため、脱色直前に混ぜ合わせるようにしましょう!

 

 

ポイントとしては、ムラがないようにまんべんなく混ぜることです。

 

 

 

脱色したい箇所に脱色剤を塗る

 

付属のヘラや手袋を利用して脱色剤を塗ります。

 

素手では触らないようにしましょう!

 

ポイントは、脱色したいムダ毛部分がしっかりと脱色剤で隠れているかです。

 

脱色剤が付着している部分のみが脱色できるので、しっかりとムダ毛を包むように伸ばすことを心がけましょう!

 

 

 

説明書に従って放置する

 

商品によっておいておく時間は異なりますが、説明書をよく読んで時間を守りましょう!

 

早すぎたり、遅すぎてしまったりすると、正しい効果は期待できません。

 

 

 

洗い流す

 

所定の時間が経ったら、ゆっくりと洗い流していきます。

 

洗い残しがないように注意しましょう。

 

 

 

アフターケア

 

脱色後は、肌に異常がないかを必ず確認して保湿ケアを行いましょう。

 

肌はいつも以上に敏感になっていますので、刺激が強い化粧水を使用したり、強くパッティングをしたりはしないようにしてくださいね。

 

 

敏感肌用の化粧水などがオススメです!

 

 

 

以上がムダ毛の正しい脱色方法になります。

 

 

手順が多く、面倒に感じてしまうかもしれませんが、十分な効果を感じるためには大切なことです!!

 

 

脱色クリームはどの部分でも脱色可能なの?

 

ムダ毛は体のいたるところに生えていますよね。

 

果たして脱色はどの部分でも可能なのでしょうか?

 

1.ムダ毛を脱色できる部分

 

まずは脱色可能な部分をチェックしましょう。

 

大まかに言うと、腕やワキ、足などの日ごろ頻繁にムダ毛処理を行っている部分は脱色できる部分といえます。

 

また、うなじや背中、胸やお腹というように、普段は洋服で隠れている部分も可能です。

 

 

 

2.脱色不可能な部分

 

次に脱色できない部分です。

 

 

該当するのは、目や口、鼻などの顔全体や、肌が敏感なVIOなどのデリケートゾーンです。

 

刺激が強いため炎症が起きやすいのと、もし目などに脱色剤が入ってしまうと危険なためです!

 

 

というように、脱色できる部分とできない部分があるので、自分が脱色したいと思っている部分が可能なのかどうかは事前に把握しておきましょう!!

 

 

ムダ毛の脱色によるデメリットは?

 

先ほど、ムダ毛の脱色で代用品は危険だというお話をしましたね。

 

それでは、専用のものを使用すればデメリットは何もないのでしょうか?

 

 

実はそうではありません!!

 

デメリットとしては以下のようなことが考えられます。

 

 

肌が炎症を起こす

 

脱色剤が肌に合わなかった場合に、炎症を起こしてしまったり、肌トラブルを引き起こしてしまったりする原因となることもあります。

 

余計にムダ毛が目立ってしまう

 

脱色剤が自分の体質に合わなかった、上手く脱色できなかったという場合には考えられます。

 

 

妊婦や子供にはオススメできない

 

妊娠中で肌が敏感になっている、肌が弱い子供などにはオススメできません。

 

また、体調が優れない時にも使用はオススメできません。

 

 

 

 

ムダ毛の脱色で、専用のものを使用しても必ずデメリットはあります。

 

使用する前に自分の体調や状態などもきちんと考慮しておきましょう。

 

 

エピラットとは?どんな人に向いている?

 

ここまでムダ毛の脱色についてまとめてきましたが、私の友人が話していた脱色クリーム「エピラット」!!

 

 

こちらがどんな商品なのか注目してみました!!

 

エピラットは、薬局やドラッグストアでも簡単に手に入る脱色クリームです。

 

エピラットのシリーズはいくつかあり、除毛や脱毛のものもありますが、今回着目しているものは、黄緑色のパッケージになります。

 

同じ脱色シリーズでは、敏感肌用として紫色のパッケージのものも見つけました。

 

 

そして4つの特徴があったのでご紹介します。

 

 

ニオイが優しい

 

脱色クリームというとニオイがきついイメージがありますが、こちらはマイルドタイプで優しいニオイだそうです。

 

自然な仕上がり

 

剃りたくないムダ毛を、黒からゴールドへ自然な産毛の色に仕上げます。

 

うるおい保護成分配合

 

お肌のうるおい保護成分として

 

・カモミールエキス
・海藻エキス
・植物性スクワラン
・ローヤルゼリーエキス

 

といった成分が配合されています。

 

そのため、肌をいたわりながらムダ毛の処理を行うことができます。

 

必要な量だけ使える

 

チューブタイプなので、使用箇所に合わせて好みの量だけ使うことができます。

 

専用トレーと、ヘラがついています。

 

 

以上がエピラットの特徴です。

 

 

なので、エピラットの脱色クリームを使用するのに向いている人とは

 

・ムダ毛の処理をカミソリなどで行いたくない
・ムダ毛は気になるけれど剃るほどではないので、脱色だけでいい
・ムダ毛が濃くてカミソリだけでの処理は大変なので、まずは脱色してから目立たないようにしたい
・指のムダ毛など細かい部分の処理が大変なので、脱色だけで済ませたい

 

というように、幅広い方たちがそれぞれの目的に合わせて使用できるかと思います。

 

 

エピラット脱色クリームの口コミ

 

ここで、エピラットを実際に使用した方の口コミを調べてみました!

 

エピラット脱色クリームの口コミ1

 

使いたい分だけ使えて、コスパもいいので愛用しています!

 

エピラット脱色クリームの口コミ2

 

ニオイもあまり気にならず、簡単に短時間でできるのが嬉しいです。

 

エピラット脱色クリームの口コミ3

 

背中の毛に使用しましたが、短時間でしっかり脱色できました。

 

 

 

というような口コミが見られました。

 

ただ、中には、ニオイが気になった・肌がぴりぴりした・1回では綺麗に脱色できなかった
といったあまり評判のよくない口コミも見られました。

 

 

 

良い口コミが多かったのですが、やはり中には肌に合わなかったという方や、ニオイが苦手だったという方もいたということが分かりました。

 

 

エピラットの使い方は?

 

ここで、エピラットの使い方についてもチェックしてみました。

 

手順は以下のようになります!

 

中に入っているものは、A液・B液・ヘラ・トレーです。
こちらを箱から出して準備しましょう。

 

トレーに二つの液を入れて、色むらがなくなるまで混ぜてください。
分量の目安は、1:1です。

 

手が隠れる厚さに塗ったら、5分〜10分待ちます。
塗った箇所を洗い流してください。

 

 

これがエピラットの正しい手順になります!!

 

参考にしてみてくださいね。

 

 

エピラット脱色クリームとムダ毛処理のまとめ 

 

 

ムダ毛の脱色についてのことや、友人から聞いた脱色クリーム「エピラット」についてもこれまでまとめてきました。

 

 

ムダ毛を脱色すると、剃る手間なくムダ毛を目立たなくできるので一見簡単に効果が感じられるように思われます。

 

 

しかし、そこには個人差があること・肌やムダ毛の状態によること・脱色クリームにもデメリットは必ずあることなども分かりました。

 

 

エピラットは簡単に購入・使用でき、コスパも良いので1度試してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

と、ここで。

 

もう1つ実はチェックしてみてほしいものがあります!!

 

 

正直ここまで調べてみて、脱色クリームって面倒な上にそこまでの効果は期待できないのではないか・・・と感じてしまいました。

 

 

 

ただ!

 

脱色クリームでのムダ毛の処理よりももっと簡単で効果的、そして肌への負担も少ない!

 

 

 

という優秀なアイテムがあるのです!!

 

 

それが「デリーモ」という脱毛スプレーです!!!

 

エピラット脱色クリームを使用してからムダ毛処理が最強?

 

手間をかけずにムダ毛の処理をしたい、肌への負担も心配・・・。

 

 

 

そんな方にはデリーモ脱毛スプレーがぜひオススメなので要チェックです!!

 

⇒ デリーモのお試しはこちら

 

エピラット脱色クリームを使用してからムダ毛処理が最強?